FC2ブログ
2018/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新府の桃
一年ぶりの書き込みですがいきなり食べ物のお話しです(^^;;;

甲府へ行く時に通る新府城近くの桃共選所へ朝早く行ってきました。
目的は選別から漏れた桃の買い付けです。
一面桃畑からは甘い香りがただよってくるようです。
眺めとしては春の花の時期がすばらしいんですが。

1707230104.jpg

1707230105.jpg 1707230106.jpg

左:共選所風景桃の甘い香りがただよっています。
右:周辺にある桃畑から摘まれてコンテナで運び込まれた桃たちです。
   これから光センサーや人間の目によって選別されて様々な値段が付けられていくわけです。
でわたしが手に入れたはね桃二箱上の黄色のコンテナ状態で買い取ってそれぞれ自分で箱に詰め替えて持ち帰ります。
中には果物を守るための網目のネット持参で綺麗に詰め直している人もいました。
周りの人に聞くとリピーターが多く基本一人一箱しか買えないので家族中で来ている人も。
5時から並んで二回目に並んでいる人達もいました。そんなに買ってどうするんだろう?
日によって出てくるはね桃の量やしつが違うので並んでみないと解らないとの事。
大きな桃があたると良いな〜〜。
台風が予想されているので今日は出荷量が多かったのでしょう。
列のかなりしんがりに並んでいた私は二箱良いですか?と聞いて再度並ばすに二箱ゲットしました!
それもかなり大きめ!普通に買うとお店では二個で7〜800円取られそうな大きさです。

1707230100.jpg 1708070303.jpg

左側の箱が前回買った一般に出荷している正規品の箱、
右が今回買ったはね桃用の箱フタがありません。
既に二分の一箱加工したので少なくなっていますが右のデカ箱二つ分を今回買ったので
加工するのが大変でした〜〜
まだ熟していないと思って二日目に見たら
痛んだところから痛みが激しくなり半分使えない様な物も出てきてしまい
あわてて全部の桃チェックと加工に取りかかりました。

1708080308.jpg 1708080309.jpg
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ほんとに
日本の農産物のランンク別け選別の厳密さを感じますね~!
見た目 ハネの桃も全然問題ないと思うんですけど~

で、我が家に届いた一級品の桃は 先日 そろそろかな~♪ってことでいただいたんですが、
まさに 桃源郷の味でしたわ~( *´艸`)
桃の美味しさって 幸せを味に変換したような味ですよね~(^◇^)
O-chan
桃の最盛期は庭仕事のピークにも当たるので
気になりつつも今まで行ったことがなかったの。
台風が来る直前だったので収穫量も多かったのでしょう良い桃が手に入りました。
来年はもう少し早い時期に行って
より薫り高い品種をピックしようかなと思っています。
桃は香りも素晴らしいし大好きなのですが
今回二箱分の皮むきと傷んだ桃や切り残しなどを胃袋にかたづけたため
少々食傷気味ですw(@。@;)w
何事もほどほどがよろしいようですε=(-。-;

0-chanの言う通り
桃って幸せを味に変換した様な美味しさですね~💛
この夏一番の贅沢を頂きましたm(__)m
旦那ちゃんと二人で小躍りしちゃいました(笑)

その、桃に食傷気味って一度味わってみたい経験です(笑)

でも着々と秋は忍び寄って来ていて
夏から秋の美味しい物を楽しんだら長い冬がやってくるんだわね~(-_-;)

美味しい物を美味しい内に頂きます(*^^*)




alchemillaさん
桃は今までの果物の中でみなさんの反応が一番すばらしかったです。
友人のダンナで箱を抱え込んでいた御仁もいるみたい^m^
桃一箱もらっても困るだろ〜と思ってたのですがそうでもないみたいね。
今年、残念な事はせっかくの夏の農産物を美味しく頂く暑さが足りない事です。

>秋は忍び寄って
うちでもお盆休みからヤマアカネの群が飛びはじめました。
それももう赤く色付いちゃってるのがいるw(゚o゚)w
プロフィール

applefairy us

Author:applefairy us
私達が長い海外生活から日本に帰国して一番に思ったことは
「好きな山の近く、自然の風と光をたくさん受け止められる場所で暮らしたい。」でした。
でも年齢的に厳しい自然環境で暮らすのは無理なので、「居心地の良い家を建て穏やかな生活を送りたい」というのが本音です。
そんな贅沢とも思える条件をかなえる場所があるでしょうか?
若い頃から馴染みのある八ヶ岳山麓にそう言う場所を探す事から私達の終の棲家作りが始まりました。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
フリーエリア
Frickrに写真倉庫を作りました
ぺそぎんを呼び出してみてね
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。