FC2ブログ
2018/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の庭仕事


待機させるのは苦手な私が今年は畑仕事を早く始めたせいか
何となく買ってしまったプリムラ類をだめにしてしまいそうです。
植え場所が用意できなくて仮のポット苗で冬から春になるまで待たせてしまったため。
仕事の量が完全に体力を上回ってしまっているのが敗因なのはわかっているけれどね〜。

もらってきた球根やポットで待たせていた苗などが手に余る一になっているので
地面への仮植えで一時避難させることにしました。

ご近所の庭からもらった畑の土をエディブルガーデンの岩の下側通路に大量に置いて
待機苗の寝床を作ってみました。
長年畑だった場所の土なので石ころはないし水保ちや肥料保ちも良さそうです。
畑土にたっぷりきめの細かいバーク堆肥を混ぜて上だけふかふかにしてあります。
これで庭で掘り起こしたり株分けした苗の養生場所にも使えるし、
ポット苗、大鉢、種まき用の培養土の材料にもなるでしょう。
将来はここ自体を花壇にしてしまっても良いかしらと考えています。


160423207.jpg 160423208.jpg

プリムローズ や 斑入カキドオシ(グレコマ)の株分け苗などほりこんであります。

160423209.jpg 160423219.jpg
3年目を迎えるジューンベリーは花がたくさん付きました。
どれくらい実が採れるか楽しみです。

160423259.jpg 160423262.jpg

まだ地面に下ろしてもらえないブルーベリーの花と
alchemilla さんお手植えのハスカップにも花が付きました。
ブルーベリーは今年もそれなりに花数があるからまだ大丈夫でしょう。

160423241.jpg 160423252.jpg

赤スグリの花はおもしろい形していますね。

160423265.jpg 160423266.jpg

今年仕切り直したエディブルガーデン自然農用の畑。
今は雑草も何も生えてませんがゆくゆくは不耕起の畑にしたいと考えています。
さて何年かかるでしょうか?

160423267.jpg

師匠作のポット苗とJAで求めたイタリアンベジ達。

160423268.jpg 160423276.jpg

160423269.jpg 160423277.jpg

160423278.jpg 160423270.jpg

160423271.jpg 160423279.jpg
色々な場所で元気なイチゴ達。

ピンクのお花のイチゴの味が楽しみです。
多分ただのイチゴだろう。

160423296.jpg 160423226.jpg

花をまたつけ始めちゃったルバーブとアカスジソレル。
両方とも食用でなく観賞用になっています。

160423293.jpg 160423299.jpg

ポーラベア何とかという名前が付いていたのでお持ち帰りになったキク科植物。
去年は花をつけないうちに巨大になっただけでシーズンを終わってしまいましたが、
多年草としてまた出てくるとは思わなかった!
葉っぱだけでも存在感ありますが、今年は花も見られるでしょう。

160423284.jpg

アメリカコデマリ ‘マゼルトブラウン’葉の色が複雑できれいですね。
ディアボロはまだひ弱なのでこちらの方が目立ちます。
ナインバーク( ninebark) 英名は成熟した木の幹がボロボロに剥がれる性質からくるのですが
北米の山では背の低い灌木であまり大きな木を見たことがありません。
花もまばらだし園芸種となって自分の庭で咲いてくれるのがベストですね。
でもごく普通の葉の色のものも見てみたいです。
右のホザキナナカマドは本州から北海道、朝鮮半島、中国、
シベリアなどに自生する耐寒、耐暑性の強い花木です。
これは小型の改良種、樹高1メートルまでに押さえられるそうです。

160423283.jpg 160423285.jpg

庭の砂利道で勝手に移動して元気なノジスミレとタチツボスミレ。
今年は草地にも増えそうです。

160423292.jpg 160423309.jpg

Tiarella 'Spring Symphony'
160423303.jpg 160423297.jpg

O-chanちから来たフロックス・デバリカータは早くもふわふわしてきました。
JAのマーケットで手に入れたニリンソウ

160423300.jpg 160423308.jpg

同じくJA由来サクラソウたち

160423306.jpg 160423307.jpg


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

一足先の
季節を行っているアップル地方ですね(^^)
ハスカップもそちらの冬を無事に越したようですね(^_-)-☆
順調に作業は進んでいるように見えますね~
仮の植え場所、良い感じに見えますよ
良いスペースが出来ましたね

ポーラベアなんとかって言う名前のキク科の植物
白妙菊に近い品種のように見えますが
白妙菊は寒冷地でも宿根しますよ
菊と同じで2~3年で更新してあげればいいんだと思います
我が家の白妙菊も2~3年植えっぱなしです(^^;)

家もルバーブとルメックスは観賞用です(笑)
昨年ルメックスの花を放置していたら
今年花壇の中で芽が大量に発芽していて大変な事になってます(^^;)

今、ワイルドゲラの小さな蕾が見えるようになりました
ここからは案外アッと言う間に開花ですよね(*^^*)
楽しみです♪

良い季節ですね~
やっぱり
買ってくるナーサリーの苗って、結局は温室育ちの肥料過多な子が多いので;
ウチも数々 特に春咲きは 苗ダメにしがちです^_^;
今年こそは ルピナス 成功させようと買ってきて地植えしてたら、霜数回で シナシナ瀕死状態だし;;
かといって 室内待機させてても カビさせたりして失敗してたでしょうから、難しいところです;;

で、結局は 色々と花も増えてきましたネ(^^)
いつか Vブルーベル植える場所が出来たら 送りますよん♪
alchemillaさん
一足先の季節を行っているかもしれませんが
記録は1週間以上遅れていますね(^_^;)
シルバーダストの葉は前から寄せ植えには利用していましたが、
ふわふわ感はラムズイヤーを越えています。
こいつは出てくる葉っぱが全部丸くて大きく
実に場所ふさぎで邪魔です。
今年どんな花が出てくるか確認したら裏の斜面に追放しますわ。

ルメックスは種で増えてくれるのね。
今年の花が楽しみです。

>良い季節ですね~
疲れる季節です( ̄‥ ̄)=3
気軽に遊びに行きたいのに〜植物にこき使われてます(;´_`;)
0-chan
春苗の順化作業は一番の課題ですね。
野菜苗の自家製種まきでも育苗箱から卒業させるタイミングと
手順は難しそうです。
やはり近くの庭から地取りでいただくのが一番安全ですね。
ルピナスの苗いくつか持ってきています。
無事育ったらそちらに回します。
プロフィール

applefairy us

Author:applefairy us
私達が長い海外生活から日本に帰国して一番に思ったことは
「好きな山の近く、自然の風と光をたくさん受け止められる場所で暮らしたい。」でした。
でも年齢的に厳しい自然環境で暮らすのは無理なので、「居心地の良い家を建て穏やかな生活を送りたい」というのが本音です。
そんな贅沢とも思える条件をかなえる場所があるでしょうか?
若い頃から馴染みのある八ヶ岳山麓にそう言う場所を探す事から私達の終の棲家作りが始まりました。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
フリーエリア
Frickrに写真倉庫を作りました
ぺそぎんを呼び出してみてね
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。